img-1

プログラミングが表現を変える

アートの世界ではアナログが主流で、直感的な動きが映像表現に繋がりますが、コンピュータを駆使した手法も進化していますから、プログラミング技術が芸術の分野を開拓しています。



プログラミングは数が膨大なので、選択に戸惑う事がありますし、どれも完璧な存在にはなりませんが、共通する部分を抑えて学べば習得出来ますから、経験が応用に活かせる利点が備わります。



数学的表現に強いプログラミングですから、幾何学模様を映像化するのは得意で、CGはコンピュータやアートと切り離せない技術ですし、商業を中心にアマチュアや専門分野の間に浸透しています。



プログラミングが与える利点は、一度設計して組み込んでしまえば、後は自由に値を変更するだけで表現が変わり、連続的に変化させるのも容易に行える部分です。



変数はプログラミングの重大要素で、受け入れる数値が許容の範囲内なら、色や線の太さは勿論、グラデーションとコントラストも変えられる事が、新たな可能性や自由な表現力に結び付いています。



専門的な技術を集中的に学び、高い習得率を実現すれば使いこなせますが、表現を自由に行いたければ学習時間が必要ですから、アートその物が疎かになる確率は高いです。



しかし、映像を扱うソフトの中には、スクリプトで変化が加えられる存在も珍しくないので、簡易的な方法でも表現力は上がり、習得の用意さと学習の手間を節約する二つが実現しますから、バランスと効率化が優れた選択肢です。





関連リンク

img-2

予備校、学習塾のゆくえ

昨年8月、三大予備校の一角である代々木ゼミナールが大規模な校舎縮小を発表し、メディアでも連日取り上げられるなど騒ぎとなっていました。昨今の少子化、そして浪人生の減少が原因とされています。...

more
img-3

予備校の選び方について

予備校は、試験を受験する者に対して、前もって知識や情報を提供する教育施設のことです。予備校といってもいくつかの種別があり、専修学校、各種学校、無認可校があり、また設置者も学校法人、財団法人、株式会社、個人など多種多様です。...

more