img-1

プログラミングによって作業を効率化できます

文系の学部ではプログラミングについて通常は学びません。

経営学部などでは必要なものだけ学ぶことはありますが、本格的に学ぶことはないです。しかし、多くの企業では大学を卒業した学生に対して、プログラムの技術を求めています。

就職のことを考えるなら事前に学んでおくのが得策といえます。

例えば、いろいろな部署でデータが処理されています。

単純に処理するだけなら先輩に指導を受けて、処理を行うだけで何も問題はありません。

よくあるのは、Officeのエクセルを使って処理を行う方法です。

しかし、それには限界があります。

処理を続けていると、関数について詳しくなります。


もちろん関数に詳しくなれば、処理の速度を向上させることは可能です。そこからさらに効率化をさせるためにはプログラムを行う必要があります。
プログラミング言語で自動で処理する仕組みを作れば大きく効率化を行うことができます。

それほど大きなものを作らなくても、マクロなどのレベルで十分です。
マクロと言うのは、エクセルの作業を自動化するものです。

これにより関数で工夫することと比べて、飛躍的に速度を向上させることができます。
最初は基礎的な範囲で構築しておいて、レベルがあがってきたら応用的なプログラミングを行えばいいのです。

GUIを上手く使いこなせば、かなり使いやすいものを作ることができます。

プログラム言語には多くの種類がありますが、比較的分かりやすいものとして、Basicという言語があります。初めての人にとっても、それほど難解ではありません。

















関連リンク

img-2

予備校、学習塾のゆくえ

昨年8月、三大予備校の一角である代々木ゼミナールが大規模な校舎縮小を発表し、メディアでも連日取り上げられるなど騒ぎとなっていました。昨今の少子化、そして浪人生の減少が原因とされています。...

more
img-3

予備校に通っている学生はたくさんいる

大学入試を受ける受験生は、予備校に通って勉強している人がたくさんいます。大学によって入試試験の内容に特徴があり、学校の授業だけでは対処し切れない場合もあるのです。...

more