img-1

リンパマッサージの効果

全身の組織中の細胞と細胞の間の組織液は毛細血管を経て血液中に戻りますが、一部は毛細リンパ管に入り静脈に送られます。


この管は体全体に広がっており、中を通る液をリンパといいます。

静脈だけでは処理できない水分やエネルギーを生成するさいにでた廃棄物、その他人体に必要ない脂肪や細菌、がん細胞の処理を担当しています。



液にはアルブミンが含まれます。



アルブミンは吸着力があり疲労物質をくっつけて掃除をしてくれています。



リンパ系には心臓のようにポンプの働きをする臓器がありません。

周囲の筋肉が動きが悪くなり、流れはどんどんゆっくりになると、最終的に液が滞ってしまいます。
液が滞ると管内に不要な水分が留まったり、廃棄する老廃物が留まったり、余分な脂肪が留まったりします。

流れをよくするためには、体全体の筋肉を活性化させる必要があります。適度な運動、緊張している筋肉をほぐす、暖かくたもつことが重要です。運動不足によって固まってしまった筋肉はなかなか活性化しません。



運動をしながらマッサージをするのは活性化させるために効果的です。
リンパマッサージとは全身に網の目のように張り巡らされている管の流れをよくするマッサージです。



体のあちこちには、リンパ管が合流している節が多く集まっています。

節には免疫抗体を生成したり、細菌や異物を処理するはたらきがあります。



鎖骨や首などの後ろのツボをおすと症状が改善されます。
同時に運動する、入浴する、水を飲むと管の液が流れがよくなります。



自宅で簡単にできるマッサージもあります。
全身を乾布摩擦するのも筋肉の緊張をとき流れをよくする方法です。
体の不調から早く回復したいですね。



関連リンク

img-2

リンパマッサージの学び方

近年、リンパマッサージは人気を集めており、プロから施術を受けるためにお店に通う人も増えていますが、料金が高いのでなかなか続けられないという人も多いです。そこで自分でその方法をマスターして自分が思う時間に自宅などリラックスした空間で実施したいと思う人が増えています。...

more
img-3

予備校に通っている学生はたくさんいる

大学入試を受ける受験生は、予備校に通って勉強している人がたくさんいます。大学によって入試試験の内容に特徴があり、学校の授業だけでは対処し切れない場合もあるのです。...

more