img-1

無料の会計ソフトfreeeを使用するメリット

無料の会計ソフトfreeeを使用するメリットとは何でしょうか。
無料の会計ソフトなので市販のソフトに比べて劣っていると思われている方も多いのではないでしょうか。


ではこの無料の会計ソフトfreeeを使用するメリットとは何でしょうか。まずはWeb口座を持っていればそれをソフトに登録すると、取引明細を取得して仕訳データを作成するという一連の処理を自動的に行ってくれるようになります。

仕訳データを作成する時にたとえ勘定科目にあいまいな対応があっても自分で正しい勘定科目を選べるので特に問題ありません。

また対応している金融機関も250以上もあります。


たとえ対応していなくてもCSVデータがあればそれを取り込んで仕訳データを作成できます。この他にもfreeeにはメリットが存在します。
それは、このソフトを使用すると取引先や税理士事務所との間でデータを共有することができるので、例えば、税理士の方に相談したい場合は実データをやり取りしながら具体的に指示をしてもらえるというメリットがあります。セキュリティ面でもメリットがあります。


freeeでは、256bitSSLという、金融機関が使用している暗号化レベルによってデータのやり取りを行っているとともに、Web口座のデータはそもそも暗号化された状態で保持されています。

さらにそれに加えて機密性の高い情報ほどファイアウォールを設けた場所に保管するようになっています。
データのバックアップも自動的に行われ、その時データは分散された状態で保管されます。

















関連リンク

img-2

リンパマッサージの効果

全身の組織中の細胞と細胞の間の組織液は毛細血管を経て血液中に戻りますが、一部は毛細リンパ管に入り静脈に送られます。この管は体全体に広がっており、中を通る液をリンパといいます。...

more
img-3

予備校の選び方について

予備校は、試験を受験する者に対して、前もって知識や情報を提供する教育施設のことです。予備校といってもいくつかの種別があり、専修学校、各種学校、無認可校があり、また設置者も学校法人、財団法人、株式会社、個人など多種多様です。...

more