img-1

記述型のプログラミングが入門者にはおすすめ

今では多くの人がスマートフォンのアプリ開発に興味を持つなど、プログラムに興味を持つ人が増えています。



昔は限られた技術者しかそういう事はできませんでした。しかし、今では開発環境が無償で提供される場合も多く、パソコンの使用経験が数年あれば、プログラミングは敷居が高いものではなくなりました。



入門用に簡単なプログラミンを一つ選んで、それを最後まで学べば、プログラムがどういったものか分かり、基本的なことはできるようになります。なぜなら、どのプログラム言語でも基本的なところは共通の思想になっているからです。



プログラムで最も簡単なのは記述型の言語です。

こちらは単純なプログラムに向いています。



大まかにいうと、処理を順番に上から下に向かって書いていくだけでよいのです。
記述型の言語の中でも手続型の言語が特に簡単なので、入門者の間では主流といえます。
記述型はプログラムを行った本人以外には簡単ではありませんが、本人にとっては深く考えることなく作ることができる利点があります。



それでプログラムを構築できる規模には限界がありますが、基本的な関数は使用できますし、計算機や家計簿などの単純なプログラムを組むだけなら何も問題はないです。



プログラミングに精通する前は記述型がとてもプログラミングしやすく感じますが、熟練する頃にはいろいろと不満が出てきます。



その段階に達したら、基本は十分に身に付いているので次のステージに進むとよいでしょう。



関連リンク

img-2

予備校に通っている学生はたくさんいる

大学入試を受ける受験生は、予備校に通って勉強している人がたくさんいます。大学によって入試試験の内容に特徴があり、学校の授業だけでは対処し切れない場合もあるのです。...

more
img-3

受験生の支援をしてくれる存在といえる予備校

進学を希望している学校に合格するために通うのが予備校ですが、多くの場合は大学進学の際に利用されています。高校などに通学しながら勉強をする場合には、進学に関する最新の情報を学校から得ることができたり、スケジュールに沿って勉強することができ、また不明点などを質問することができます。...

more