img-1

プログラミング言語の実行方式による分類

プログラミング言語というものには、実にたくさんのものがあるわけなのですが、これをその実行方式で分類するならば、コンパイラ型とインタープリター型、という二種類のものに大別することができます。

作業療法士 セミナー情報を簡単に調べられます。

というのも、コンピューターのプログラムというものは、実際にコンピューターのハードウェアで実行される際には、全て、そのコンピューターのハードウェア(CPU)に固有の言語であるマシンコード、というものによって実行されているからです。



というのも、コンピューター(ハードウェア)のエンジンとも言えるCPUには、固有のマシンコードというものがあって、このマシンコードによってしか、CPUは動作しないからなのです。

赤ちゃん 寝ないの検索がとっても楽になりました。

つまり、いかなるプログラミング言語で書かれたプログラムであっても、実際の実行時にはマシンコードに変換されて実行されている、ということなのです。

ipad 教室情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

そして、このマシンコード変換の方式として、コンパイラ型とインタープリター型という二種類のものがあるわけなのですが、コンパイラ型はマシンコードへの変換を実行前に一括して行ってしまい、インタープリター型は実行時に一つずつマシンコードへの変換を行ってゆく、という方式の違いとなっているのです。

宮崎市 塾情報もきっとあるはずです。

プログラミング言語は、このコンパイラ型かインタープリター型かのいずれかの方式を採用しているので、このマシンコードへの変換方式によって、プログラミング言語を分類することもできるわけなのです。

https://allabout.co.jp/gm/gc/406366/2/

http://talk.m3q.jp/?topic_id=212&page=954

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO97463810Z10C16A2NNP000

関連リンク

img-2

プログラミングとはどんなものか

コンピューターに何らかの仕事をさせるためには、プログラムというものを作らなければなりません。というのは、コンピューターというものはプログラムというもので動く、という仕組みを持っているマシンであるからです。...

more
img-3

プログラミングによって作業を効率化できます

文系の学部ではプログラミングについて通常は学びません。経営学部などでは必要なものだけ学ぶことはありますが、本格的に学ぶことはないです。...

more